坂本慎太郎氏の「板読み投資術」の感想と株の板読みについて!

坂本慎太郎氏Bコミと言うハンドルネームでtwiterなどで情報発信をされていますね。

またセミナーの講師やトレードのスクールにも携わっておられます。わしもお名前ぐらいは存じ上げておりましたが、今までtwiterとかは見たことはありません。

ただ板読みについては以前よりもっと勉強する必要性を感じておりました。ですので氏の著書「朝9時10分までにしっかり儲ける板読み投資術」が出版されるのをAmazonで知って、購入して読んでみることにしました。

せっかくですので板読みについてとこの本を読んだ感想をアップしてみたいと思います!

 

株の板読み・歩み値について

ネット時代の株のトレードは、わしらの半アナログ的な時代とは違って本当にいろいろな情報が入手出来ます。

板や歩み値が分かると言うのもその1つです。せっかくですのでトレードに生かさないともったいないですよね。

最も中長期投資の場合はそれほど重要視しなくてもいいかと思いますが、デイトレや短期スイングならいわゆる板読みは大事です!

わしが証券会社にいた頃は、場立ちのディーラーのおっさんたちはチャートも見ずにほぼ板だけを見て売り買いしていました。今で言う板読みですね。スキャルピングや昔の1カイ2ヤリならその方が自然かも知れません。

と言うか立ち会い場の中にいるならチャートとか見るのは不可能ですので板読みしか出来ないです。

 

わしも一時は証券取引所で場立ちもやっておりましたがディーラーの経験はないですからね。

そのため板読みが大事と言ってもピンとこないのが本当の所です。それに当時の板読みと今の板読みでは中身がまったく違うと思います。

そのため新たに勉強する必要がありますし、自分なりに考えて経験を積む必要もあるでしょうな。

その一環として今回、この板読み投資術を読んでみましたが、果たしてこの本で板が読めるようになるのでしょうか。

 

「板読み投資術」を読んでみた感想

まず前半は坂本氏のこれまでの経歴ですね。何でも幼稚園児の頃から株式投資に興味があったとのこと。もちろん実際に始めたのは大学生になってからですけどね。

その後、株とは関係のない業種の会社に就職したもののディーラーがやってみたくて証券会社に転職したそうです。で、実績を残して25歳で月収3000万円稼いだこともあったようです。

ただこういった話はわしらが実際にトレードする上ではどうでも良い話かも知れません。それに言ってみればトレードに関してはかなりの才能の持ち主と言うことでしょう。凡人にマネ出来るとは思えません。

でも個人的にはディーラーの話、そしてその後のファンドマネージャーへの転身の話は面白くはないにしても興味深く読ませて頂きました。わしも証券会社時代は何とかしてディーラーまたはファンドマネージャーになりたいと思ってましたからね。

それと坂本氏がディーラーに転職した頃ならわしもまだそんなにおっさんではなかったはずです。もしかしたら応募すれば採用してもらえたかも知れません。それを思うと今さらながら悔しいような気持ちになります。

最も運よく転職出来たとしてもディーラーとして生き残るのは大変だと思いますけどね。

 

しかし板読みのノウハウ本としてはどうですかね。amazonのレビューを見ても、かなり厳しい評価をされている方もおられます。

わしもどちらかと言えばそうですね。はっきり言ってしまえばあまり役に立たなかったかなという感想です。

そりゃ坂本氏はセミナーや高い銭をとって、個別指導や投資のスクールをやってますからね。本ですべてのノウハウを出したら高い銭を払った人からお叱りを受けてしまいます。

大した内容でなくて当然ですね。

 

それから最後の方がメンタル面での話になります。板読みと言えどもやはり最終的にはメンタルになって来るんでしょうね。しかしこちらも役に立たなくはないですが、やはりメンタルの話中心に書かれた本と比べると内容は薄いと思います。

板読み

 

同値で売る練習をすればデイトレで勝てるようになる?

とは言えこれは面白そうと言うか、なるほどと思ったこともあります。

それが同値で売る練習ですね。デイトレでいきなり勝てるわけがない、まずは損しないためにこの練習をすると良いとのこと。

実際に坂本氏がディーラーとしての修行時代はこうった練習もして来たのでしょう。何よりも上手に逃げることが大事と言う話はその通りだと思います。だからこそ、同値で逃げる練習をする意味があるのでしょうね。

そして何度も練習すればそのうちガツーンと上がる株にぶち当たると。もちろん派手に下がる場合もあるでしょうし、同値で売っても手数料分だけは損ですからねえ。

でもわしもこの練習はやってみようかと思います。そうすればアホみたいに引っ張って、ドカンとやられる回数が減るかも知れません。あとこの練習をするには比較的値動きが穏やかな14時前後が良いとのことです。

まあ個人的にはこのことを知っただけでも良かったかなと思っています。

 

わしの感想のまとめ

と言うことで今回は坂本慎太郎氏の著書「朝9時10分までにしっかり儲ける板読み投資術」の感想と、板読みについてアップしてみました。

ノウハウ的な面からはそれほどでもなかったですが、わし個人としては読んで損はなかったと思っています。

ただすでにそれなりの経験がある方であれば物足りないと感じるのではないでしょうか。逆にこれから株を始める方であればそれなりに役にたつかも知れません。

それと本のタイトルもですが、帯の宣伝文句は煽りすぎですな。これで月収100万円は難しいと思います。

最もこれは坂本氏のせいではなく出版社が悪いと思いますけどね。